【ランボルギーニを安く乗る⁉】おすすめのカーリース業者ランキング&おすすめ車種5選!

ランボルギーニのカーリース

フェラーリ同様、スポーツカーブランドといえばあげられるのはランボルギーニですよね。

闘牛のデザインだけではなく、車種の名前も闘牛にちなんでいるこだわりを持っているランボルギーニを乗りたいという方も多いのではないでしょうか。

実は、ランボルギーニもリースすることが可能なので、今回はおすすめできるカーリース業者をランキングにして紹介していきたいと思います。

カーリース執事

ランボルギーニは当初、トラクターやトラックの開発・販売から始まったブランドって知ってた?

ランボルギーニの車種でカーリース業者選びの3つのポイント!

カーリース業者といえど、たくさんの業者がリースしているので、どこがいいのかわからないという方も少なくありません。

そこで、カーリース業者を選ぶ前に3つのポイントを抑えておくことが大切です。

  1. 新車・中古車どちらをリースするか
  2. 業者独自の魅力で選ぶ
  3. 頭金・ボーナス払いをするか選ぶ

では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきましょう。

1. 新車・中古車どちらをリースするか

ランボルギーニをリースする業者というのは、新車だけではなく中古車も当然あります。

中古車の方が車体価格は低いので、リース料金も抑えることができますが、過去に使用していた方がいる、あるいはキズや凹みがある可能性があるのがデメリットでしょう。

一方、新車は車体価格こそ高いものの、新品なので契約期間内は自分の車に乗っているような心地を楽しむことができます。

どちらをリースするにしてもメリット・デメリットがあるので、リースする前にしっかりと決めて、その上で業者を選ぶようにしましょう。

2. 業者独自の魅力で選ぶ

カーリース業者それぞれで独自に展開しているサービスがあるので、そのサービスがあなたにとってメリットになるかどうかで選ぶのも方法の1つです。

例で言えばガソリン代値引きや提携サービス割引などあります。

どのようなカーライフを送るかによってメリットは変わってくるので、車をどのぐらい使うのかなど決めておくようにしましょう。

3. 頭金・ボーナス払いをするか選ぶ

ランボルギーニの車体価格というのは国産車に比べると高くなるので、それだけリース料も高くなってしまいます。

少しでも月額料金を少なくしたいということであれば、頭金やボーナス払いがあるところを選ぶのがおすすめです。

カーリース業者の中にも購入するのと同様に頭金やボーナス払いがあるということを覚えておきましょう。

ランボルギーニの車種でおすすめのカーリース業者ランキング!

業者選びのポイントを理解してもらえた方もそうではない方も、結局のところどのカーリース業者がおすすめなのか知りたいのが本音ですよね。

そこで、ランボルギーニの車種でおすすめのカーリース業者をランキングにしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ランボルギーニファイナンスサービス

ポイント
  1. 新車・認定中古車リース可能
  2. メンテナンスパックあり
  3. オープンエンド方式
  4. サービス品質重視
CHECK
ランボルギーニファイナンスサービスでリースできるのはランボルギーニ全車が対象なので、自分の好きな車種を選ぶことができます。

また、メンテナンスもサポートしてくれるので、信頼と品質を求めるのであればこちらから

ランボルギーニファイナンスサービスの評価
車の種類
(5.0)
メンテナンス
(5.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.5)

マリオットマーキーズ

ポイント
  1. 新車・中古車リース可能
  2. 品質がよく信頼のできるメンテナンスを実施
  3. 頭金・ボーナス払いあり
  4. 支払い方法が豊富
CHECK
新車・中古車をリース可能で、支払いプランがかなり多岐にわたるのがマリオットマーキーズの特徴です。

ライフスタイルに合わせた支払い方法を選んで、ランボルギーニの快適な乗り心地を楽しむことができるでしょう。

マリオットマーキーズの評価
車の種類
(4.5)
メンテナンス
(5.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.5)

ジャッジ

ポイント
  1. 新車・中古車リース可能
  2. オープンエンド方式
  3. 頭金・ボーナス払いあり
CHECK
中古車台数が多いので、とにかくランボルギーニを安く乗りたいという方におすすめです。

メンテナンス料も月額のリース料に含むことができるので、安く楽にランボルギーニの運転を楽しみたいならジャッジで選ぶといいでしょう。

ジャッジの評価
車の種類
(4.5)
メンテナンス
(4.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(4.0)

ランボルギーニの人気車種をカーリースするときにかかる月額料金相場比較!

ランボルギーニのカーリースを考える上で、月額料金がどのぐらいになるのかという部分は重要です。

そこで、ランボルギーニファイナンスサービスの支払いシミュレーションで、月額料金相場を算出してみました。

今回はメンテナンスやオプション料金は考えないものとし、契約年数は5年(60ヶ月)としています。

ウラカン RWD クーペ 282,260円
ウラカン RWD スパイダー 309,650円
ウルス 315,920円
アヴェンタドール S クーペ 494,780円
アヴェンタドール S ロードスター 549,230円

ランボルギーニをカーリースする場合は以上の料金がかかると仮定して、検討していくといいでしょう。

カーリース執事

税金や車検代といった面倒な費用もすべて組み込まれてこの料金だよ!!

ランボルギーニファイナンスサービスでカーリースする場合の契約内容

ランボルギーニファイナンスサービス

ランボルギーニファイナンスサービスでカーリースをする場合の契約内容についてみていきましょう。

カーリースをするときにオープンエンド・クローズドエンドについてある程度理解しておかなくてはいけません。

オープンエンド クローズドエンド
残価の公開 あり なし
残価の責任 契約者(あなた) 業者
残価の調整・決定 契約者(あなた)が可能
高く設定してリース料を抑えることができる
契約者(あなた)は不可
比較的残価は低くなりがち
契約満了時の選択 返却or新車乗り換えor再リースor買取り 返却or新車乗り換えor再リース
制限走行距離 あり あり

ランボルギーニファイナンスではオープンエンド方式でのみ契約することができるので、さほど難しく考える必要はなさそうです。

もし、オープンエンド・クローズドエンドの違いや詳しい内容についてもっと知りたいということであれば、以下の記事で紹介しているのでチェックしてみてください。

オープンエンドでウラカンRWDクーペをリースした場合の契約内容

オープンエンドリース

ランボルギーニファイナンスサービスのリース期間と契約終了時の対応は以下のとおりです。

リース期間 3年/4年/5年
契約終了時 返却or新車乗り換えor再リース
ただし、残価の清算が必要

先ほど月額料金相場でウラカンRWDクーペは毎月282,260円とお伝えしました。

この時のウラカンRWDクーペの残価は10,570,000円となっているのですが、オープンエンド方式では調整することができるので、以下のような選択をすることもできます。

オープンエンドの選択肢
  • 残価を高く設定してリース料を抑える
  • 残価を低く設定して契約終了後の清算費用を抑える

ランボルギーニファイナンスではリース契約では買取りをすることができないため、あまり残価を低く設定する必要はないかもしれません。

今回のリース料ではオプション料を考慮していないので、実際のリース料はもっと高くなる可能性があります。

そうなると、毎月のリース料も高くなってしまうので、残価を高く設定してリース料を抑えるという方法が効果的といえるでしょう。

カーリース執事

ちなみに残価が査定額より下回った場合、還付や再リース時の頭金に充当できるので、人によっては残価を低く設定することもあるよ!

クローズドエンドでウラカンRWDクーペをリースした場合の契約内容

ランボルギーニファイナンスサービスでは実施していませんが、クローズドエンドでウラカンRWDクーペをリースした場合についても触れておきます。

クローズドエンドでは残価の責任は業者側になるため、契約者が設定することはできません。

契約者は残価の清算をする必要がない代わりに、比較的残価が低く設定されがちです。

ウラカンRWDクーペを例にするのであれば、残価は10,570,000円よりも低く見積もられると考えましょう。

それ以外についてはオープンエンドと変わらないので、2つの形式それぞれでおすすめな人・おすすめできない人は分かれそうですね。

おすすめな人 おすすめできない人
オープンエンド ・リース料をできるだけ安く抑えたい人
・運転に自信がある人
・車に愛着がわきやすい人
・カーリース初心者の人
・運転が荒い人
・運転に自信がない人
・契約満了時に支払いをしたくない人
クローズドエンド ・リース料はあまり気にしない人
・契約満了時の清算が面倒に感じる人
・運転に自信がない人
・リース料を安く抑えたい人
・買取を検討している人

ランボルギーニファイナンスサービスではクローズドエンド方式がないので、あくまで参考程度に覚えておいてください。

ランボルギーニ車のおすすめカーリース車種5選!

カーリースをするなら、どんな車種がおすすめなのか気になるのではないでしょうか?

タイプ別にそれぞれ人気車種をお伝えしていきますね。

セダン・ハッチバックで人気の車種5選

1位:ウラカン

ウラカン

おすすめ度 料金 燃費
★★★★★ -円~ 7.3km/L

ランボルギーニV10の進化版!

2位:アヴェンタドール

アヴェンタドール

おすすめ度 料金 燃費
★★★★★ -円~ 5.6km/L

闘牛をシンボルに掲げるランボルギーニのDNAを体現するモデル!

3位:アヴェンタドール ロードスター

アヴェンタドール ロードスター

おすすめ度 料金 燃費
★★★★☆ -円~ 5.3km/L

歴代モデルのSを継承するアイコンカー!

4位:ウラカン スパイダー

ウラカン スパイダー

おすすめ度 料金 燃費
★★★★☆ -円~ 7.0km/L

エキサイティングなドライビング体験を極限まで高めたモデル!

SUV・クロカンで人気の車種

1位:ウルス

ウルス

おすすめ度 料金 燃費
★★★★★ -円~ 7.8km/L

スーパーカーの魂とSUV特有の機能性が融合!

ランボルギーニの車種をカーリースする際のQ&A

購入するのとリースするのはどっちが安く済む?

安くなるという点では一括購入が一番安く済みます。
ローンやリースは金利があるので、どうしても車体価格以上の値段になってしまうのは覚えておきましょう。
ローンとリースに関しては、リースのほうが税金やメンテナンス費用が組み込まれるので高くなってしまいます。

カーリースのメリットは?

カーリースのメリットは税金・車検・メンテナンスなどの面倒な手続きとその都度発生してしまう費用を月額一定の料金にできることです。
急な出費がかさむことがなくなりますので、経済的な負担が少なくなります。

カーリースのデメリットは?

カーリースは買い取ることを考えるとローンよりも高く付いてしまうという点はデメリットです。
そのため、買い取ることを前提にリースするのであれば、最初からローンを組んだほうが全体的に支払う額は安くなります。

オープンエンド方式だと契約後に支払いがあるってホント?

リース契約は残価と呼ばれる車の価値を基にリース料を決めます。
オープンエンド方式の場合、この残価はお客様の責任になるので、契約後の残価に差額が生じた場合は支払いあるいは還付という流れになります。

国産車もカーリースできる?

国産車ももちろんカーリースすることができます。
国産車のほうがカーリースできる業者がたくさんあり、さまざまな特典やプランを実施しているので興味のある方は検討してみるといいかもしれません。