個人向けカーリースのメリット・デメリットを簡単に解説!

近年日本でも流行になりつつあるカーリースですが、「デメリットが多いと聞くから不安」、「購入やローンの方が楽そう」と考えている方も少なくありません。

今回は、カーリースの仕組みではなくメリット・デメリットについて理解できるよう簡単にまとめて解説していきましょう。

カーリース執事

カーリースの仕組みやおすすめは別のページで紹介していくね!!

個人向けカーリース最大のメリットは面倒な手続きが不要になること!

個人向けカーリースの最大のメリットというと、面倒な手続きが不要になるということがあげられます。

車を運転するときには税金や自賠責保険、タイヤ交換などのメンテナンスと面倒な手続きが多いですよね。

カーリースではまとめて月額料金内に組み込んで手続きをしてくれるので、かなり手軽に車を運転することができるようになります。

面倒な手続きが不要になること以外にもメリットがあるのでみていきましょう。

月額料金が一定になるので急な出費がなくなる

カーリースにかかる料金はすべて月額料金一定になるので、車検の月だから今月は節約しなきゃ、といった急な出費に困惑することもなくなるのは嬉しいメリットといえるでしょう。

カーリースの料金には以下が含まれています。

  • 車両価格
  • 各保険料
  • 車検費用
  • 各税金
  • メンテナンス費用

カーリース業者によって多少異なりますが、一般的には以上のような費用が月額料金として請求されます。

料金が一定額になると、家計のやりくりもわかりやすくなるので嬉しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

定期的なメンテナンスでいつも安全に運転ができる

自分で車を所有するのとは違い、点検が必要な時期になるとお知らせが届くので、定期的なメンテナンスを受けていつでも安全に運転することができるのもメリットといえます。

メンテナンスのサポート範囲は業者やパックによって異なるので、自分が必要だと思うメンテナンスが入っているパックは加入しておくようにしましょう。

カーリース執事

メンテナンスパックも組み込んで月額料金が定額になるのはカーリースの強みだね!!

常に新車に乗ることができる

カーリースの契約年数によっては、常に新車に乗ることができます。

新車に乗り心地を試したいという方、車に飽きやすいという方こそカーリースのメリットを活かせることでしょう。

MEMO
カーリースは3~9年の契約が基本でしたが、近年では1年未満の契約もできる業者も出てきています。

料金は少し高くなってしまいますが、よりライフスタイルに合わせたカーリースをすることができるでしょう。

頭金不要なので初期費用を抑えて車に乗ることができる

購入やローンと違い、頭金は必要ないので初期費用を抑えて車を乗ることができます。

また、必要であれば頭金やボーナス払いといった選択をすることもできるので、支払いの幅が広いと表現してもいいかもしれませんね。

ネットで契約をすることができる

カーリースのほとんどはネットで契約が完結するので、どのような車に乗るか決まっている、あるいは時間が忙しくて中々店頭にいけないという方におすすめです。

MEMO
中古車のリースを考えている場合は、現物を見ないと車の状態を確認することができないので、ネットで契約できるからといって過信しないようにしましょう。

車を使うシーズンだけリースすることもできる

カーリース業者の中には数ヶ月単位でリースをすることができる業者もあるので、車を使うシーズンだけリースをすることも可能です。

「車が必要だけど必要ではないときの方が多い」「レンタカーでは料金が高くなりすぎる」「レジャーに使いたいのでタクシーはちょっと・・・」という方にメリットといえるでしょう。

個人向けカーリース最大のデメリットは車のカスタマイズが不可!

一方、カーリースのデメリットについても理解しておかなければいけません。

まず、最大のデメリットとしては、車のカスタマイズが原則不可ということです。

リースされた車の所有権は、あなたではなくリースした業者になるので、契約終了後は車を返却しなければいけません。

そうなると、リースした当時の車の状態に戻さなければいけないので、自分好みのマフラーや内装チェンジなどのカスタマイズはできないのです。

ただし、返却時に原状回復できる範囲内であればカスタマイズしてもいいという業者もあるので、カスタマイズをしたい場合は必ず聞いておくようにしましょう。

MEMO
カーリースの契約満期になると返却や再リース、延長の他に買取るという選択肢があります。

買い取ることが明確になっていた場合は、所有権があなたになるのでカスタマイズをしても問題はありません。

迷っているのであればカスタマイズをせずに、どうするか決まるまでそのままにしておきましょう。

制限走行距離がある

カーリースの契約には走行距離に制限がついているので、あまり乗りすぎてしまうと追加料金が発生してしまう可能性があります。

頻繁に長距離のドライブや旅行に使用するためのカーリースだった場合は、制限走行距離を長く設定してもらうようにしましょう。

総支払額は購入・ローンよりも高くなる

カーリースはリース料だけでなく税金・保険・メンテナンス費にも金利がついてしまうので、総支払額は購入やローンよりも高くなってしまうのがデメリットです。

最初から買い取ることを目的としているのであれば、カーリースではなく購入やローンを組むようにしましょう。

カーリース執事

総支払額が大きくなっても初期費用を抑えて買い取りたいならカーリースがいいかもね!

中途解約ができない

カーリースを利用している途中で解約をしたくなったとしても、原則的に中途解約をすることができないのは知っておかなくてはいけません。

解約をする場合は、残っている契約年数分の料金を支払わなくてはいけないので、しっかりとスケジュールを立てて契約をするようにしましょう。

個人向けカーリースが向いている人・向いていない人

個人向けカーリースのメリット・デメリットを踏まえた上で、どのような方に向いているのか、向いていないのかを考えていきましょう。

カーリース執事

カーリースが向いているなら利用を検討するといいよ!

個人向けカーリースが向いている人は手軽さを求めている人!

メリットを考えると、面倒なことが苦手で手軽さを求めているという方にカーリースは向いているといえます。

どのような方が向いているのか、具体的なケースもまとめてみました。

カーリースが向いている方
  • 車に関わる急な出費を減らして安定した支払いにしたい方
  • 税金や保険、メンテナンスの手続きが面倒と感じている方
  • 店頭に出向く、ディーラーとのやり取りを避けたい方
  • 短期間で様々な車を楽しみたい方

カーリース執事

車にあまり詳しくないけど運転するのが好きという方にカーリースが向いている傾向にあるのかなという感じだね!

個人向けカーリースが向いていない人は車をカスタマイズしたい人!

個人向けカーリースが向いていない方は、車を自分好みにカスタマイズして楽しみたいという方です。

どのような方が向いていないのか、具体的なケースもまとめてみました。

カーリースが向いていない方
  • 車に愛着をもって自身でメンテナンスをしたい方
  • 車の使用する頻度・距離がかなり高く長い方
  • 最初から車を購入・買取をしたい方

メリット・デメリットを理解して、自分にはカーリースが向いているのかを考えて利用するほうが損をするということはなくなります。

せっかくカーリースを利用するのであれば、メリットを最大限に活かしたカーライフを楽しんでいきましょう。