ジャッジのカーリースの特徴・料金プラン・口コミを調べてみた!

海外の車が乗りたいという方の中には、カーリースを利用できたら嬉しいと感じる方もいるのではないでしょうか。

海外の車は少し値段が高くついてしまうからこそ、月額料金が一定であれば支払いの目処もたちますよね。

そこで今回は、海外の車もリースすることができる「ジャッジ」の特徴や料金プランについてまとめてみました。

ジャッジのサービス概要

総合評価 ★★★★☆
料金 頭金:0円
月額:1万円台~
車種 国産車/輸入車全種
新車/中古車 新車/中古車 両方可能
リース期間 お客様の希望により対応
リース方式 オープンエンド方式
走行距離 1,500km/月
メンテナンス 車検、整備、消耗品交換あり
契約満了時 再リース/返却/乗換/買取
審査 不明
特典 特になし

ジャッジはカーリース会社としては珍しい国産車・輸入車どちらもリース可能という幅広いプランを用意しています。

また、新車・中古車どちらも選べるので、リース料を抑えたい、予算が明確であればそれに沿った契約をすることができるでしょう。

ジャッジのカーリースの特徴!海外・国産車どちらもリースできる!

ジャッジのカーリースは海外・国産車どちらのリースもすることができて、なおかつ新車・中古車からも選ぶことができます。

海外の車に乗りたいけど新車は手が出しづらいという方にも、中古車という形でリースを実現させてくれるのは嬉しいですね。

ジャッジの契約内容・リース方式

ジャッジではオープンエンド方式で契約が進むので、残価の設定を契約者が介入することができます。

ただし、契約終了後に残価の清算をする必要があるので、残価を高くしすぎて査定額より上回ってしまうと最終的な出費が大きくなってしまうので注意が必要です。

MEMO
逆に残価が査定額より下回ると差額を返還してもらうこともできるので、残価のバランス調整と車を大切に乗ることを心がけるようにしましょう。

また、メンテナンスプランをつけるかどうかも選べるので、出費を安定化したいのであればメンテナンス費用も月額に組み込んでみてください。

ジャッジの税金や保険について

ジャッジのカーリースでは以下の税金・保険が月額費用に含まれています。

含まれている費用
  • 登録諸費用
  • 自動車取得税
  • 自動車税
  • 重量税(車検時)
  • 自賠責保険

車を乗るにあたって必要最低限の税金・保険なので、余計な手続きをすることもなく運転を楽しむことができるのもリースのメリットでしょう。

ただし、任意保険は月額費用に含まれていないので、別途加入するようにしてください。

ジャッジのカーリース契約審査内容は?

ジャッジのカーリース審査は自社なのか信販会社なのかは不明ですが、新車を取り扱っているということであれば一般的な水準でなければ通らないということが予測されます。

一般的な審査の基準としては「年収200万円以上」あれば通るとされており、自分の立場によって通りやすさが変わるので以下を参考にしてみてください。

通りやすさ 備考
サラリーマン 二重丸 定期収入があるため基本的に問題ない
法人 丸 法人の事業状態によるがおおむね問題ない
個人事業主(フリーランス) 丸 法人同様に事業の収益性による
学生 三角 連帯保証人に安定した収入があれば可能
アルバイト 三角 連帯保証人に安定した収入があれば可能
主婦 三角 連帯保証人に安定した収入があれば可能
無職 バツ 厳しい

国産車よりも輸入車の方がリース料が高くなるので、金額によっては年収200万円では審査が通らない可能性もあります。

その場合は「車両価格が安めの車に変える・連帯保証人をつける・頭金を支払う」といった対策をすることで審査が通りやすくなるでしょう。

カーリース審査による詳しい内容は以下の記事でも解説しているので、気になる方は目を通してみてください。

ジャッジのカーリース料金プラン

ジャッジのカーリース料金プランは実にカスタマイズ性に富んでおり、ユーザーの希望に合わせたリース期間と、オープンエンド方式による残価を設定することができます。

オープンエンド方式は残価を契約者に公開することと設定交渉をすることができるので、残価を高く設定して月額のリース料金を少なくすることも可能です。

注意
オープンエンド方式は契約者に残価の責任があるので、契約満了時に残価と本来の車両価格に差額が生じた場合、その差額分を支払わなくてはいけません。

あまり高く設定しすぎるのも最終的に自分の首をしめることになるので注意してください。

具体的なリース料金に関しては、新車なのか中古車なのか、車種などによって大きく左右されるので明記ができません。

もし、自分の乗りたい車が決まっている場合は、公式サイトで調べて問い合わせてみるといいでしょう。

ジャッジと他のカーリース会社を比較

ジャッジを他の輸入車をリースしている会社と比較してどのような違いがあるのかをみていきましょう。

ジャッジ GLIDE マリオットマーキーズ
リース期間 お客様の要望により変動 1年~5年 3年/5年
リース方式 オープンエンド方式 オープンエンド方式/クローズドエンド方式 不明
契約満了時 返却/再リース/乗り換え/買取 返却/再リース/乗り換え/買取 返却/再リース/乗り換え/買取
新車/中古車 新車/中古車 中古車 新車/中古車
メンテナンス プランあり プランあり プランあり
審査 不明 オリエントコーポレーション 信販会社による審査

他のカーリース会社では契約期間が決まっているのに対してジャッジは契約者の要望によって決めることができます。

また、新車・中古車の国産車・輸入車をリースできる幅広さはジャッジならではの魅力なので、国内外問わずリースを検討したいということであればジャッジを検討してみましょう。

ジャッジの口コミ

男性イメージ
35歳男性
oo
(4.0)
今回初めてカーリースしました。最初はかなり不安でしたが、スタッフが丁寧に説明してくれたので安心できたと思います。納車も早かったですし、車も快適です。
女性イメージ
30歳女性
oo
(5.0)
安価な値段でリースすることができて、満足しています。問い合わせ時の対応も良いと思います。コスパが良いです。
女性イメージ
26歳女性
oo
(5.0)
利用できるメーカー・車種が充実していて、自分の好みのタイプの車も探しやすかったです。また、分からないことがあったので一度問い合わせフォームで相談しましたが、返答が早くてサポート面でも安心できました。
男性イメージ
31歳男性
oo
(4.0)
まず、メンテナンスリースについては可能だったので良かったです。また、契約満了時にしっかりと買い取ることができたので安心でした。
男性イメージ
30歳男性
oo
(3.0)
料金プランが自分に合わせてカスタマイズできるのが特徴ですかね。オープンエンド方式は運転に自信がある人ならって感じ。自分は自信ないですが。海外と国産、新車と中古車、どれからも選択できるのは良いですね。
口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

ジャッジでカーリースをするメリット・デメリット

ジャッジでカーリースを利用するメリットとデメリットはどのような部分なのでしょうか。

これを知ることで、より自分にジャッジが向いているのかどうかわかるはずです。

まずはメリットから解説していきましょう。

ジャッジのメリット!車選びに迷わない!

ジャッジは外車・国産車どちらでもリースできて、さらに新車・中古車が選べるので、車選びに迷わないという点が最大のメリットといえます。

ただし、特に力をいれているのは海外の車なので、なかなか自分が乗りたい外車が扱われていないということであればジャッジを検討してみるといいでしょう。

その他のメリットも載せておきます。

ジャッジのメリット
  • 自分好みの契約プランを組める
  • メンテナンスリースが可能
  • 契約満了時に買い取りができる

ジャッジでは、車検やメンテナンス費用を組み込んだメンテナンスリースをすることが可能なので、より車にかかる手間を解消することができるのもメリットです。

また、海外の珍しい車種でこのまま自分の車にしたいということであれば、リース満了時に買い取りをすることもできます。

カーリース執事

海外の車に乗るといつもと違う自分になれた気分になれるから良いよね!

ジャッジのデメリット!中古車は在庫がない可能性もある!

中古車のリースが可能だからといって、必ず希望している車種の在庫があるとは限りません。

その場合は、他のメーカーから取り寄せる、あるいは希望車種が売却されて販売に出されるまで待つ、といった選択をすることになります。

その他のデメリットもみてみましょう。

ジャッジのデメリット
  • カスタマイズができない
  • 中途解約ができない

カーリース契約の基本である車のカスタマイズは原則不可と、中途解約ができないという点においてはジャッジも一緒です。

やむを得ない理由で中途解約をする場合には、違約金を支払わなくてはいけないので気をつけましょう。

ジャッジのカーリースが向いている人・向いていない人

ジャッジのメリット・デメリットを踏まえて、カーリースが向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみました。

ジャッジが向いている人!海外の車が乗りたい人!

ジャッジが向いている人はズバリ海外の車が乗りたい人です。

メインにしているサービスが海外の中古車なので、メーターバックや改善戻しをする悪質な業者も多い中、ジャッジは信頼できるカーリース業者といえます。

その他にも向いている人の特徴をあげてみましょう。

向いている人の特徴
  • とりあえず外車をリースしてみたい人
  • 信頼できるリース業者を探している人

外車をリースしている業者は国産車をリースしている業者よりも少ないので、探すのに時間がかかります。

なおかつ、信頼できる業者を見つけるとなると一苦労なので、そのような方にジャッジが向いているといえるでしょう。

カーリース執事

契約期間などのプランを細かく決めたいという方にもおすすめだよ!!

ジャッジが向いていない人!運転に自信がない人!

ジャッジではオープンエンド方式を採用しているので、車のキズや凹みが多くなると車両価値が下がり、残価との差額の支払いをしなくてはいけなくなります。

そうなると、運転に自信がない人にとってはジャッジは向いていないといえるでしょう。

それ以外にも向いていない人の特等をまとめておきます。

向いていない人の特徴
  • 車を自分好みにカスタマイズしたい人
  • 支払いを安く済ませたい人

カーリースは業者から車を借りている状態なので、原則自分で勝手にカスタマイズをすることはできません。

その場合は車を購入することになります。

また、カーリースは一見、支払いを安く済むように見えてしまいますが、結果的に一括購入やローンよりも高くついてしまうので、総支払額の安さを求めている方にも向いていません。

カーリース執事

カーリースが向いている・向いていないに当てはめて、自分がジャッジの利用がどうなのかを検討してみるといいよ!!

ジャッジのQA

中途解約をすることはできますか?

基本的には中途解約できないものだと思ってください。全損事故などのやむを得ない事情の際には中途解約金が発生しますが解約することができます。

リース車は「わ」ナンバーになりますか?

レンタカーではないので「わ」ナンバーではありません。普通の車と同じようなナンバーになります。

中古車を選ぶ際に制限はありますか?

ありません。ジャッジが保有している中古車であれば全てリース対象です。

ジャッジのカーリースの運営会社情報

会社名 株式会社ジャッジ
住所 東京都文京区白山5-14-2
公式サイト http://www.judge.co.jp/