GLIDEのカーリースの特徴・料金プラン・口コミを調べてみた!

海外の車をリースしたいけど、様々な理由があるため現実はなかなか厳しい、そんな悩みを解消してくれるのがGLIDEのカーリースです。

GLIDEはオリコが提供しているカーリースサービスを準拠しているので、より安定して海外の車をリースするサービスの提供をしています。

ではGLIDEの具体的な特徴や料金プランをみていきましょう。

カーリース執事

海外の車もリースすることができる時代になるとは感慨深いね!

GLIDEのサービス概要

総合評価 ★★★☆☆
料金 頭金:0円
月額:車種によって大きく変動
車種 輸入保有車全種
新車/中古車 中古車
リース期間 1年〜5年
リース方式 オープンエンド方式/クローズドエンド方式
走行距離 不明
メンテナンス 車検、整備、消耗品交換あり
契約満了時 再リース/返却/乗換/買取
審査 オリエントコーポレーションによる審査
特典 特になし

アメ車専門の中古車リースをしているのがGLIDEで、オリコオートリースに準拠したリース方式を結んでいるようです。

JEEPやHUMMER、PORSCHEといった有名なメーカーの中古車を取り扱っているので、輸入車のカーリースが気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

GLIDEのカーリースの特徴!車検ができる車をリースしている!

GLIDEのカーリースの特徴の1つとして、車検ができる車をリースしているという点があります。

一見普通のことのように思えてしまいますが、実は海外の車というのは日本国内の交通ルールではNGといわれる仕様になっていることも多いのです。

注意
もし、交通ルールを守っていない海外の車を乗っていた場合は、整備不良として罰金や減点、法的処罰を受けることになります

そして、車検のときだけ仕様変更し、販売するときには仕様を戻して違法のまま販売してしまう業者も少なくないのが現状です。

それでは安心して運転を楽しむことができませんよね。

GLIDEでは車検ができる、つまり国内の交通ルールに則った仕様にした海外の車をリースしているので、安心・信頼できるカーリース業者といえるのです。

GLIDEの契約内容・リース方式

GLIDEの契約は、オープンエンド方式・クローズドエンド方式どちらで契約するか選ぶことができます。

オープンエンド方式 返却時に車の査定を行い残価設定との差額を清算
クローズドエンド方式 契約満了時の清算は原則不要

どちらが合っているかわからないのであれば、オープンエンド方式を選んでおけば問題ありません。

ただし、運転に自信がない方や契約終了後に残価の支払い云々が面倒という方はクローズドエンド方式を選ぶ方がいいでしょう。

残価については以下で詳しく解説をしているので参考にしてみてください。

GLIDEの税金や保険について

GLIDEのカーリース契約では以下の税金・保険が組み込まれています。

含まれている費用
  • 登録諸費用
  • 自動車取得税
  • 自動車税
  • 重量税(車検時)
  • 自賠責保険

車に関わる最低限の税金・保険なので、手続きが面倒という方でも問題なく利用することができるでしょう。

ただし、任意保険に関しては別途加入しなくてはいけないので、安全を考慮するなら確実に加入しておくようにしてください。

GLIDEののカーリース契約審査内容は?

GLIDEのカーリース契約審査はオリエントコーポレーションが行なっているため、「年収200万円以上」という基準があれば審査は通りやすいでしょう。

ただ、輸入車は高額なことが多いため、場合によってはもう少し年収が高くなければ審査が通りにくい可能性もあるかもしれません。

また、自分がどのような立場なのかによっても審査の通りやすさが違ってきます。

通りやすさ 備考
サラリーマン 二重丸 定期収入があるため基本的に問題ない
法人 丸 法人の事業状態によるがおおむね問題ない
個人事業主(フリーランス) 丸 法人同様に事業の収益性による
学生 三角 連帯保証人に安定した収入があれば可能
アルバイト 三角 連帯保証人に安定した収入があれば可能
主婦 三角 連帯保証人に安定した収入があれば可能
無職 バツ 厳しい

審査が落ちる場合は年収だけではなく、以下のマイナスポイントがないかどうかも確認が必要です。

マイナス評価となるもの
  • クレジットカードのブラックリスト
  • キャッシングや借入
  • 税金やローンなどの延滞履歴
  • 自己破産
  • 民事再生

どうしても審査が落ちてしまうということであれば、連帯保証人を付ける・変えることで通る場合もありますね。

GLIDEのカーリース料金プラン

GLIDEのカーリース料金プランは、リース料+契約年数+メンテナンス有無+契約方式によって決まります。

契約年数は1~7年で、再延長をする場合は1~2年から選ぶのが原則です。

契約方式はオープンエンドとクローズドエンドの2種類ありますが、リース料を抑えやすいのがオープンエンド、残価の差額を支払う必要がないのがクローズドエンドとおぼえておきましょう。

具体的な料金については詳細がないので、どのようなメーカーの車をリースすることができるのかまとめておきます。

    Lincoln・Cadillac・Chevrolet・Chrysler・JEEP・Dodge・Ford・HUMMER・GMC・Infiniti・US TOYOTA・PORSCHE・etc

GLIDEと他のカーリース会社を比較

GLIDEの他に輸入車をカーリースできる会社をピックアップして、違いを比較していきましょう。

GLIDE ジャッジ マリオットマーキーズ
リース期間 1年~5年 お客様の要望により変動 3年/5年
リース方式 オープンエンド方式/クローズドエンド方式 オープンエンド方式 不明
契約満了時 返却/再リース/乗り換え/買取 返却/再リース/乗り換え/買取 返却/再リース/乗り換え/買取
新車/中古車 中古車 新車/中古車 新車/中古車
メンテナンス プランあり プランあり プランあり
審査 オリエントコーポレーション 不明 信販会社による審査

輸入車リース会社によっては新車をリースできる場合があります。

全体的に国産車のリースとは違い、お客様の予算によって最適なプランをカスタマイズしていくということが多いようです。

その中でもGLIDEは割とプランがしっかりできている傾向にありますね。

GLIDEの口コミ

男性イメージ
35歳男性
oo
(4.0)
中古車でリースするのは初めてで、少し心配はしていたのですが…リースしてから数か月後にカラカラと変な音がしていました。やっぱり…と思っていましたが、すぐに点検や対処して頂いたので、良かったです。
男性イメージ
31歳男性
oo
(3.0)
まず、メーターバックについては無かったので安心することができました。ただ、カスタマイズすることができなかったので少し残念でした。
男性イメージ
30歳男性
oo
(3.0)
海外の車をリースするなら個人的にGLIDEがおすすめです。車検もメンテもしっかりしているので、品質と安全を備えた外車を利用したいなら良いかと。少々お値段は張りますけどね。
口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

GLIDEのカーリースのメリット・デメリット

海外の車をリースで乗りたい方のためにおすすめできるGLIDEですが、メリットもあればデメリットも存在します。

メリットだけではなくデメリットを知ることで、より自分に適しているのかがわかるので、それぞれみていきましょう。

GLIDEでカーリースをするメリット!メーターバックがない!

GLIDEは信用ができる業者を目指しているため、メーターバックをしていないという点が最大のメリットといえます。

MEMO

メーターバックとは、10万キロを越えてメーターの数値が0になったものを指しており、本来であれば103,000km走行したものを3,000kmと表記できてしまうのです。

車の価値を決める上で重要な要素となる走行距離を改ざんしている業者が「高品質なメンテナンスをしているので大丈夫です!」と言われても不安しかありませんよね。

その点、GLIDEではメーターバックがない車を扱っているので、メンテナンスにおいても信用することができます。

GLIDEでカーリースをするデメリット!価格は安くはない!

デメリットをあげるとするならば、リース料金は決して安くはないということです。

それだけ車のメンテナンスに力を入れているということになるのですが、やはり安く乗れるというのは消費者からとってみると嬉しい条件となるでしょう。

また、中途解約・カスタマイズができないというデメリットもあります。

カーリースのプランはすべて中途解約が不可で、所有権はリース業者にある以上カスタマイズができません。

カーリース執事

安くてもいいから整備に不安が残る車と高くてもいいから整備がしっかりして安心して乗れる車、どちらがいいかという話だね!!

GLIDEのカーリースが向いている人・向いていない人

GLIDEを利用するのであれば自分が向いているのかそうではないのかを把握しておかなくてはいけませんよね。

そこで、向いている人・向いていない人の特徴についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

GLIDEが向いている人!高品質で安全な外車をリースしたい人!

海外の車は高級なイメージはあるものの、中古車となるとメーターバックなどの偽装や車検後にもとのパーツに戻す改善戻しなど仕様に心配があるのは不安でしかありません。

そうなるとGLIDEが向いている人は、高品質で安全な外車をリースしたいという人をあげることができます。

その他に向いている人の特徴は以下を例に参考にしてみてください。

GLIDEが向いている人
  • 中古車で海外の車のリースを考えている人
  • 信頼できるメンテナンスや車検をしてくれる業者を探している人

カーリース執事

悪質な業者が多いからこそ信頼できる業者を見つけるのは至難の業になりそうだね!

GLIDEが向いていない人!安さを求めてリースをしたい人!

GLIDEが向いていない人は、できる限り安く外車をリースしたいと考えている人です。

高品質なメンテナンスというのは、それだけパーツ費・人件費などのコストがかかってしまいます。

そのため、決して安い価格で提供することはできません。

だからこそGLIDEが提供しているリース車は安心して乗れるので、安さを求めてリースしたいのであれば他の業者を探すようにしましょう。

カーリース執事

安い=安全ではないということを念頭において、カーリース業者を選ぶようにしようね!

GLIDEのQA

リースできる車はどこで探せばいいですか?

GLIDEのサイトの在庫情報から調べることができます。あるいは電話で問い合わせてみてください。

中途解約をすることはできますか?

原則中途解約をすることはできません。全損事故などやむを得ない場合は中途解約金が発生しますが解約可能です。

リース中に改造・カスタマイズすることはできますか?

原則としてリース中の改造・カスタマイズは遠慮してください。

GLIDEのカーリースの運営会社情報

会社名 株式会社オリコオートリース
住所 東京都台東区台東二丁目27番5号 日土地御徒町ビル
公式サイト https://www.oal-net.co.jp/